女の体の変わり目に際して

Posted By on 2014年5月4日

40も後半になり、まさか自分がと思うような、婦人科系の不調に悩まされている。

いわゆる不正出血というやつで、はじめはあぁ、生理が長引いているな、くらいに思っていたけれど、

あまりにも続くのと、量も減ることがないので重い腰を上げて婦人科のクリニックに行ってみた。

あの内診台というのは経験したことのある人ならわかるだろうけど、あんな嫌なものはない。
もう、恥ずかしいとかそういう気持ちよりも、
蛇蝎のごとく忌み嫌う、という言葉がぴったり似合う。

内診してもらったところ、通常よりも子宮内膜が分厚くなっていることがわかり、
精密検査―組織診に出され、1週間後に出た結果は、「子宮内膜増殖症」。

ざっくり言えば、はがれて外に出るはずのものが出なくて中に溜まっているという状況。
癌ではなかったけれど、将来的なそのリスクは高くなる。

治療としては、ピルか漢方、と言われたけれども、
どちらも別に即効性のあるものでもなく、しかも効果があるかどうかもわからない。
これは、いわゆる「持病」ってやつで付き合っていくしかないんですか!これは憂鬱。

うじうじしていてもしょうがないので、せめて体の代謝を上げていく方法を考えることにしたのだけど、
まずは物理的に体を動かそうとヨガを始めた。

以前、DVDを買って無理にポーズを作ることばかりに熱心になってしまった結果、
腰を痛めて整形外科に通う羽目になったことがあったので
今回は区のスポーツセンターを調べて通うことにした。

何事も一歩から。
頑張ってみよう。

Comments are closed.