脱毛を始めるのに良い時期

Posted By on 2014年9月19日

肌を露出する季節が近づくと、サロンでの脱毛を本格的に考える人も多くなるかと思います。
冬の間は少し手抜きのできたムダ毛の処理も、夏になればそうはいきませんよね。
面倒な自己処理を考えれば「夏になるし脱毛サロンに行ってみようかな」と思い立つのは自然なことだと思います。

しかし、脱毛サロンに一度行ったからといって、すぐにツルツルになるわけではありません!
脱毛の施術は、毛の生え変わる”毛周期”に合わせて大体6回程度行われ、そこで初めて毛が生えてこなくなります。
脱毛サロンで行われる脱毛施術に使用するのは、光やレーザーといった”黒いもの”要するにメラニンに反応する機械。

なので、サロンで処理できるのは「今現在しっかり生えている黒いムダ毛」だけにすぎません。
一回目の脱毛施術を行ったら、二度目は新しい毛が生えてくる2ヶ月後・・・というように、周期的な脱毛施術を繰り返していくのが、サロンでの脱毛、というわけです。

以上の点を考えれば、脱毛サロンに通い始めるベストな時期は、秋から冬にかけてが良いと思われます。
この時期からの脱毛施術で、次の夏には”ツルスベの肌”が約束される、というわけです。
もうひとつ、秋からの脱毛がおススメの理由があります。

それは「肌を焼かない時期だから」という点です。
上にも説明したとおり、脱毛サロンで使用される脱毛機はメラニンに反応するものです。

日に焼けた状態の肌で施術を受けた場合、肌の色とムダ毛の差がはっきりせず、脱毛効果が弱くなるばかりか、黒い肌に光が反応して火傷の危険もあるのです。
夏=脱毛!となりがちですが、次の夏のために、この秋から脇脱毛のランキングなんかを参考にして、脱毛サロンデビューしてみませんか?

女の体の変わり目に際して

Posted By on 2014年5月4日

40も後半になり、まさか自分がと思うような、婦人科系の不調に悩まされている。

いわゆる不正出血というやつで、はじめはあぁ、生理が長引いているな、くらいに思っていたけれど、

あまりにも続くのと、量も減ることがないので重い腰を上げて婦人科のクリニックに行ってみた。

あの内診台というのは経験したことのある人ならわかるだろうけど、あんな嫌なものはない。
もう、恥ずかしいとかそういう気持ちよりも、
蛇蝎のごとく忌み嫌う、という言葉がぴったり似合う。

内診してもらったところ、通常よりも子宮内膜が分厚くなっていることがわかり、
精密検査―組織診に出され、1週間後に出た結果は、「子宮内膜増殖症」。

ざっくり言えば、はがれて外に出るはずのものが出なくて中に溜まっているという状況。
癌ではなかったけれど、将来的なそのリスクは高くなる。

治療としては、ピルか漢方、と言われたけれども、
どちらも別に即効性のあるものでもなく、しかも効果があるかどうかもわからない。
これは、いわゆる「持病」ってやつで付き合っていくしかないんですか!これは憂鬱。

うじうじしていてもしょうがないので、せめて体の代謝を上げていく方法を考えることにしたのだけど、
まずは物理的に体を動かそうとヨガを始めた。

以前、DVDを買って無理にポーズを作ることばかりに熱心になってしまった結果、
腰を痛めて整形外科に通う羽目になったことがあったので
今回は区のスポーツセンターを調べて通うことにした。

何事も一歩から。
頑張ってみよう。

アナと雪の王女やっとみてきました

Posted By on 2014年5月1日

今、話題の映画「アナと雪の王女」を観てきました。
ずっと観たいと思っていたのですがなかなか時間がなくていけませんでしたが。

映画館は大賑わい、私は字幕でみるか吹き替えで観るか悩んだのですが、
映像に入り込みたかったので今回は吹き替えで観てきました。
ハラハラドキドキ、時に胸がきゅんとして泣いてしまいました。

アナも好きだけどエルサも大好き。
姉妹の愛が良かった。
とても素敵な映像、ストーリーでまた観に行きたいと思いました。

主要曲の「Let It Go」もとても映像にあっていて良かったです。
みんなが口ずさみたくなったり、映画館でみんなで歌おうなんていう催し物が行われる意味も分かったような気がします。
みんなにお勧めしたい映画の一つです、

京都・ぶらぶら一人歩き

Posted By on 2014年4月20日

春の京都を一人でのんびりぶらぶら。

いつもは私が「泊めて!」と言うと拒否する一人息子が、
京都での一人暮らしがあと1年で終わることもあって、仕方なさそうに泊めてくれるので、
1泊泊めてもらうことになった。

1日目の午前中は桜が満開の雨宝院と上品蓮台寺。
どちらも有名ではないけれど、こじんまりとして観光客も少ない。
それぞれに違った風情のあるお寺で、特に雨宝院のしだれ桜は見事だった。
午後からはのんびりと哲学の道をぶらぶら。
こちらは桜が散り初めで、風が吹くと花びらが舞い散ってまさしく、京都の春を満喫。

そして夜は息子のワンルームがある西院で夕食。
この辺りは東映映画村が比較的近いので、入ったお店には俳優さんたちのサインが壁一面に張られていた。
息子とはビールを飲みながら、将来のこと、夢があることなど
いろいろと家ではなかなかできない話をすることができて、大満足の京都旅行だった。

美味しい春が届きました。

Posted By on 2014年4月18日

毎年この時期になると、嬉しいお声がけが…

それは、春の味覚「アサリ」と「筍」

おすそ分けでいただけています。

アサリは新鮮そのものなので、「酒蒸し」「潮汁」「味噌汁」の3つ調理法でいただくことが多い。
とにかくぷりぷりしていておいしい♪

そして、筍。
もうアク抜きした状態でいただけるので
「筍ご飯」「チンジャオロース」「煮物」にして食べる事が多い。

でもアサリはすぐに食べきれるけど、筍はとにかく飽きる。

ありがたいことに大量にいただくことが多いので、どうしても余っちゃうんです…
というより、大好き~ってほどでもないからどうしても脇役になってしまって消費が進まない…

レシピを調べてみると
「筍の天ぷら」「春巻き」「きんぴら」「グラタン」…
数えきれないほど出てきました。
しかも筍がになっている…
みなさんどうやってこんな調理方法見つけ出しているのでしょうか?
日々料理はアイデアとの戦いなんですね
いつも同じ料理をリピートしている私。
…反省。

たけのこはまだまだたくさんあるから、
今日はまだ食べたことのない筍の天ぷらにでも挑戦してみようかな♪

高級ガリガリ君が発売!

Posted By on 2014年4月10日

先日、スーパーで人気アイスの「ガリガリ君」の「ナポリタン」味を見かけました。

とても目と心をひく商品でしたが、しばらくその商品を眺めながら、
味を想像しましたが、買い物かごに入れるには至りませんでした。
消費税も上がったし、チャレンジは出来なかったな。

「ガリガリ君」と言えば、とても根強い人気で、メディアでも有名人が好きな食べ物として、紹介する事も多いですよね。
また、夏には、あまりの人気で品切れ状態が発生し、なかなか手に入らないなんてニュースになった事もありましたよね。

人気の秘密は、シンプルで万人に美味しいと感じられるいうのも勿論ですが、良心的なお値段である事も大きいでしょうね。
手軽に味わえるのは魅力的です。

そんな「ガリガリ君」が高級志向の一品、ニューテイストを発売するのだと朝の情報番組でしりました。
今回のテーマはシュークリームなんですね。

ちょっと気になるので、機会があれば購入してみたいと思います。

疲れているときの黒酢が格別に美味しい

Posted By on 2014年4月3日

黒酢を飲む習慣をはじめて1週間ほどになります。
とりあえず夕食時に食事と一緒に飲んでいます。

昨日はいろいろあって久々にすごく疲れていました。

やっとの思いで夕食の支度をし、いつも通り黒酢も用意して飲みました。

なんかいつもよりやたら黒酢が美味しく感じました。
ぐいぐい飲めてしまいます。
やはり疲れていたからでしょうか。

酢は疲労回復にいいということですので、体が求めていたのかもしれません。
その日は疲れ切っていて結局すぐに寝てしまったのですが、翌日にはすっきりし疲れもとれていました。

黒酢の効果があったかは定かではありませんが、
とりあえず疲れているときに飲むお酢が美味しいことだけは実感できました。

これからも黒酢を飲む習慣を続けていきたいと思います。

朝から何だか歯が痛い

Posted By on 2014年3月31日

起きた時からなんだか右の下の奥歯がズキズキ痛い・・・ベロで触っても痛いし指でつついても痛い。
何だこりゃ?って思いながらあんまり気にしないでいたんだけど、やっぱり気になってベロでぐりぐりしちゃう。

で、さっき思い切って指でグッと押してみたら歯自体は痛くない。
どちらかと言うと歯の根元、歯茎が痛いことに気が付いた。
そこから更に痛いところを指で押してみたら何かへこんで血が出てきた・・・
うわぁ~やっちゃったよぉ~痛いよぉ~血が出ると何で急に痛みって増すんだろうね?
仕方がないから近々歯医者さんに行ってこようかな。

でも歯医者さん怖いから好きじゃないんだよねぇ・・・
においは割と好きなんだけどあのキュイーンって音と
先生の口元がマスクで見えなくて何考えてるんだか分からないとこがちょっとね。

まぁでも仕方ない、覚悟を決めて電話掛けますか。

きょうは会社を休みます。

Posted By on 2014年3月25日

タイトルのとおり、今日は会社を休みます。
という藤村真理原作のマンガ本を読みました。

実はこの漫画、社会人で事務職。
彼氏なし恋愛経験なしの33歳の主人公が新たな出会いとともに恋愛していくお話です。

恋愛に関しては奥手の私。
しかも同じく年齢も近い。
そんな自分と重ねたのでしょうか、ずっと気になっていた作品でした。

読みたい!でも読んでみるのも怖い!書店で買うのも恥ずかしい!という気持ちもあったのですが
まずはお試しに1巻だけと思い切って購入。

「この人、彼氏いない30代なのかな」と店員さんに気にされてしまいそうだけど
読みたいものは読みたいんだと買ってしまいました。
どんどん引き込まれていくお話に
気がつけば1巻だけでは物足りず、4巻まで買ってしまっていました!!
30代女性独身恋愛経験が奥手の女子には勇気と元気を貰える作品でしたので
機会があれば是非一度は手にとって読んでみることをオススメしたい漫画です。

NHK朝ドラマを見はじめて

Posted By on 2014年3月15日

ごちそうさんに続き花子とアンを観ています。
ごちそうさんはこのドラマ面白そうと
思っていました。
見はじめましたが、花子とアンはそのままなんとなくって感じで見はじめ
たので、私の食いつきはイマイチです。
しかし色々と私との共通点が多く、なかなか切れないところです。

出身地が同じ、花子の通う学校にも縁あってお邪魔したことがあります。
ドラマでよく生徒達がごきげんよう
と挨拶していますが、
私がお邪魔した20年前も、生徒さんにごきげんようって言われました。

友達同士でごきげんようなんて挨拶しないので、驚きましたが、今のドラマみたら納得。
あの時代であんなに贅沢な学校に通えるお嬢様方は、日本を代表するような一流家系だったのでしょう。

そこに足を踏み入れたことは今になれば貴重な体験だったなと思います。
ラッキー。